小学生から英語教室は必要?

》 》 詳細を見てみる 》 》 アルクの小学生向け英会話通信講座

小学生の頃から塾や英語教室には、通わせておいた方が良いのでしょうか。
本当に忙しい小学生にしてしまってもいいのでしょうか。


日本では当たり前のようにとりくんでいる「早期教育」ですが、これって子供にとって本当に良い事なのかどうなのか、今でもハッキリとしたデータはありません。

早いうちから英語を習わせてしまうと、母国語の習得が疎かになってしまう、
あるいは、耳が日本語に慣れてしまう前に英語の発音に慣れさせておいた方が良い等、専門家の間でも大きく意見が分かれています。


あまり小さい年齢でバイリンガルのような育て方をすると、あまり深く物事を考えることができない薄っぺらい脳の大人に育つという報告もあります。

まわりを見ると
「小学生のうちは遊びを中心としてのびのび育てた方が良い」
とか、
「子供は早くから学ばせておいた方が良い」
とかそれぞれの大人の思いによって勝手に主張しているようなかんじです。


ただし、英会話教室や英語教室に通うといったって、週に6日行くわけではないはず。
週に1日や2日であれば、やりすぎを懸念するレベルではありません。


逆に週に2日英会話教室に通っても英語がものにならないこどものほうが圧倒的に多いはずです。


いますぐチェック!アルクの小学生向けの英語通信講座

英語関連記事

  1. スピードラーニングジュニアを小学校も使っています
  2. スピードラーニングジュニアは2009年にリニューアルしました